若返りアンチエイジングを実感したーーーい

胃がんの手術後、抗癌剤治療を中断するのがアンチエイジングのサプリメントで再発を防ぎ、ジム通いも快調になりました。

のどのつかえで、内視鏡検査を受けると2ステージの胃がんと診断される。

胃がんが見つかった時に思い出したのは、4ステージの肺がんで余命数ヶ月と言われた兄のことです。

アンチエイジングのサプリメントの粒食品を飲んでいた兄は、余命を告知されてから10年間も元気に過ごしていました。

そう話すのは、兵庫県尼崎市に住む旦那さんです。

60歳で定年を退職した旦那さんは、ゴルフやスポーツジムで体を動かすなど、健康的な生活を過ごしていました。

ところが、食事の時に喉にものがつかえる感じがして、一昨年の2月に上部内視鏡検査-胃カメラを受けたところ、ステージ2の胃がんと判明したのです。

胃の検診といえば、50第の時に胃カメラの検診を受けただけで、放置していたのが行けなかったのだと思います。

胃がんと診断されてすぐに、兄が飲んでいたアンチエイジングのサプリメントのことが頭に浮かびました。

アンチエイジングのサプリメントの口コミが高い商品を取り寄せた旦那さんは、手術前の昨年3月から朝と昼と晩の食後に1粒ずつ、1日に合計3粒をのみはじめました。

手術は4月の初めにおこない、意を半分ほど摘出しました。

2週間の入院生活を終えて、その後は通院と抗癌剤治療を受けることになりました。

抗がん剤を4週間のみ、2週刊休むというサイクルを1年間にわたって行うという予定でした。

でも、治療を受けるとう直ぐに、口内炎、下痢、39度の超える高熱に悩まされるようになったんです。

抗癌剤治療は3週刊で取りやめて、5月下旬に2週間ほど入院。

それ以降、抗癌剤治療は中断することになったといいます。

いや大腸の消化を助ける薬を商法されて、毎日飲みました。

抗癌剤治療が受けられてないのは、がん治療の妨げになったと思います。

でも、アンチエイジングのサプリメントの食品を飲んでいたので、安心感を覚えていました。

兄の末期の肺がん治療ににたったのだから、自分も胃がんを克服できるに違いないと考えたんです。

退院後すぐにジム通いを復活できるほど体力が向上して、前向きになりました。

結局抗癌剤治療はまったく行っていません。

孫呉、1年間に渡って、毎月受信して、3ヶ月に1回の割合で内視鏡とctの検査を受けました。

胃や大腸の薬を飲んでいるだけですが、医者からも経過は順調だと言われています。

これもすべてアンチエイジングのサプリメントのおかげだと感じています。

アンチエイジング サプリで若返りを実感できたのはこのサイトのおかげです。